夢で終わらせない!

トピックスランキング

開業までに準備しておくこと

開業までに準備しておくこと

ラーメン屋を開業するためには、事前の準備が大切です。今回は開業に必要な情報について紹介します。まずラーメン屋を開業する前に、ラーメン屋でバイトをして修行することをおすすめします。将来的に「暖簾分け」を希望する、お気に入りの店を選ぶと良いでしょう。また「食品衛生責任者」という資格を取得する必要がありますので忘れないようにしましょう。さらに開業のための初期費用を捻出するために、国の融資機関である「日本政策金融公庫」を利用する方法も紹介します。

暖簾分けを目指して働こう

暖簾分けを目指して働こう

ラーメン屋として開業を目指す人は、有名店や繁盛店でバイトをしてみましょう。そして将来的に、「暖簾分け」をしてもらうという方法があります。暖簾分けとはコンビニやファミレスで言う「フランチャイズ」のことです。本店と同じ名前を使って商売ができますので、社会的な知名度や金融機関からの信用が高い状態で開業することができるなど、たくさんのメリットがあります。また繁盛店でバイトをすること自体が良い修行になり、濃い経験を積むことができるでしょう。

暖簾分けを目指して働こう

日本政策金融公庫で資金を調達しよう

日本政策金融公庫で資金を調達しよう

ラーメン屋を開業するためには「初期費用」が必要です。初期費用の半分は自分で用意し、半分は融資してもらうのが良いとされています。融資先としておすすめなのが、国の融資機関「日本政策金融公庫」です。民間よりも融資が通りやすく、返済期間が長く、金利も低めと様々なメリットがあります。融資を受けるためには日本政策金融公庫の支部へ「借入計画書」「創業計画書」などの必要書類を提出し、担当者と面談をし、事業内容について納得してもらう必要があります。

日本政策金融公庫で資金を調達しよう

食品衛生責任者を取得しよう

食品衛生責任者を取得しよう

ラーメン屋を開業するために必要な資格は、唯一「食品衛生責任者」という資格だけです。資格と言っても、講習を1日6時間程度受けることで取得が可能ですので、ハードルは低いです。食品衛生責任者は、店の衛生状態を管理する責任者になるための資格です。受講をする場所は全国の「食品衛生協会」の会場です。自分の都合の良い支部で講習を受けましょう。食品衛生責任者は一人一店と決まっていますので、バイト先で責任者になっている人は事前に退任してから開業をしましょう。

食品衛生責任者を取得しよう

こちらの記事もおすすめです

居抜き物件でコストを抑えよう

ラーメン屋開業のための初期費用のうち、ラーメン屋の内装や外装のリフォーム費用など「設備費用」が大きな割合を占めます。しかし開店後間もなくは、お客さんの来店数が安定しないことが考えられるため、できるだけ運転資金に余裕を持たせたいものです。そこで「居抜き物件」で開業する方法をおすすめします。内装や外装をそのまま利用すれば、リフォーム代金をかなり節約することができるでしょう。今回は居抜き物件のメリットと探し方について紹介していきます。

日本政策金融公庫で資金を調達しよう

ラーメン屋を開業するための資金を調達する方法を知っておきましょう。ラーメン屋は他の飲食店を開業するよりも安く済むとはいえ、数百万円の初期費用が必要になります。基本的には自己資金が半分、残り半分を金融機関から融資してもらうと良いでしょう。「日本政策金融公庫」は国の融資機関です。民間の金融機関より融資が通りやすく、返済期限が長めで金利も安く済みますのでおすすめです。今回は日本政策金融公庫で融資を受けるために必要な手続きなどについての情報を紹介します。