夢で終わらせない!

トピックスランキング

居抜き物件でコストを抑えよう

Pocket

「居抜き物件」とは

いよいよラーメン屋を開業する時は、店舗探しが重要になります。立地や坪数、交通量など優先したい条件は様々だと思います。条件の良い立地で、なおかつ内装や外装にお金を掛けてしまうと初期費用のうち設備投資費用が高くなり、運転資金が少なくなるというリスクがあります。
そこで「居抜き物件」で開業をしてみる選択肢も頭に入れてみましょう。居抜き物件は、前の店の内装や外装をそのまま利用することを前提にした物件です。イメージ通りの居抜き物件をみつけることができれば、リフォーム費用をまるまる浮かすことができます。資金はゲームの主人公で言えばヒットポイントのようなものです。使い切ってしまえばゲームオーバーになってしまいます。できるだけ初期費用を抑えれば、その後の試行錯誤の猶予が生まれます。

居抜き物件のメリット

居抜き物件で開業するメリットは、先述した通り初期費用が抑えられるということです。一から店作りをすると、イス一脚からお金を払わなければならず、かなりの出費を覚悟する必要があります。居抜き物件なら店名を変え、看板を交換するなど最低限のリフォームで済みます。「居抜きの店は結局、前の店主が商売に失敗をした店」と烙印を押す人もいるでしょう。しかし開業に向けて誰かが真剣に考えた結果生まれたのが居抜き物件です。もちろん商売に失敗をした理由はどこかに隠されているはずですが、逆に言えば「正解に近づいた物件」とも言えます。出店した経験がない人が一から店作りを始めるよりも、完成度が高い可能性が高いでしょう。
そこで居抜き物件を良く見て、「何が足りなくて失敗したか」「何があれば、商売がうまくいくか」を考えてみることをおすすめします。一から創造するよりも、ある物をより良くするほうが簡単なはずです。良い立地の居抜き物件ほど突破口を粘り強く探し、解決策がみつかったら賃貸契約を結ぶようにしましょう。

「居抜き店舗.com」でお得な物件を探そう

居抜き物件を探す時は、居抜きに特化したサイトを利用しましょう。
そこで、「居抜き店舗.com」をおすすめします。店舗物件を選ぶ時は「登録経過日」や「賃料」「初期費用」「坪数」「路線」「エリア」などから簡単に検索することができます。「フリーワード」で検索することも可能ですので、最優先したい条件を入力して検索をしてみましょう。また居抜き店舗.comではたくさんの特徴がある物件を特集しています。賃料30万円未満の「低賃料物件特集」や総投資500万円未満の「低投資物件特集」、また看板が目立ちやすい「視認性バツグン物件」や営業年数2年以内の「美装物件特集」などもあります。優先したい条件と合う場合は、特集を見て物件探しのきっかけにするのも良いでしょう。

居抜き店舗.comは、居抜き物件の情報ばかりが多数集まっていますので、開店の初期費用を抑えたい人におすすめのサイトです。

居抜き店舗.com

こちらの記事もおすすめです

居抜き物件でコストを抑えよう

ラーメン屋開業のための初期費用のうち、ラーメン屋の内装や外装のリフォーム費用など「設備費用」が大きな割合を占めます。しかし開店後間もなくは、お客さんの来店数が安定しないことが考えられるため、できるだけ運転資金に余裕を持たせたいものです。そこで「居抜き物件」で開業する方法をおすすめします。内装や外装をそのまま利用すれば、リフォーム代金をかなり節約することができるでしょう。今回は居抜き物件のメリットと探し方について紹介していきます。

日本政策金融公庫で資金を調達しよう

ラーメン屋を開業するための資金を調達する方法を知っておきましょう。ラーメン屋は他の飲食店を開業するよりも安く済むとはいえ、数百万円の初期費用が必要になります。基本的には自己資金が半分、残り半分を金融機関から融資してもらうと良いでしょう。「日本政策金融公庫」は国の融資機関です。民間の金融機関より融資が通りやすく、返済期限が長めで金利も安く済みますのでおすすめです。今回は日本政策金融公庫で融資を受けるために必要な手続きなどについての情報を紹介します。