夢で終わらせない!

トピックスランキング

バイトで経験を積む

バイトで経験を積む

ラーメン屋を開業する前に、ラーメン屋でバイトをして修行をする期間を作りましょう。繁盛店や名店を経営する店主から、ラーメン作りや経営のコツなど様々なことを学ぶことができるでしょう。まずラーメン屋でバイトをすることを通じて一日の仕事の流れを覚えることができます。さらにラーメン屋でバイトを始めると、思いもしなかった「きつい部分」が見えてくるかもしれません。このように修行先の店選びは、開業のためにとても重要です。求人探しは積極的な姿勢で行うようにしましょう。

一日の流れをチェックしよう

一日の流れをチェックしよう

ラーメン屋を開業する前に、バイトをして経験を積みましょう。ラーメン屋の一日は開店前の仕込み作業から始まります。ネギやメンマ、卵などの下ごしらえを行います。店の玄関の掃除、店内の掃除、トイレ掃除もバイトの大切な仕事です。開店したら、ホールスタッフとキッチンスタッフの仕事をそれぞれ行います。ホールスタッフはお客さんを席に案内し、オーダーを取ります。キッチンスタッフは、ひたすらオーダー通りに調理を行います。閉店後に掃除や片づけをすればラーメン屋のバイトの一日が終了です。

一日の流れをチェックしよう

求人は積極的に探そう

求人は積極的に探そう

ラーメン屋のバイト探しは積極的に行いましょう。実際にお客さんになってラーメン屋に食べに行く方法もおすすめです。ラーメンの味や雰囲気が分かりやすく、自分がバイトをできるかどうか判断がしやすいでしょう。またネット上の求人サイトを利用するのもおすすめです。求人サイトには職場の雰囲気が分かりやすいように工夫をされたサイトがあります。またラーメン屋のHPを見ると、暖簾分けに力を入れている店かどうかが分かります。様々なソースから積極的に情報を入れて、総合的に判断してみると良いでしょう。

求人は積極的に探そう

きついところは慣れるまで我慢しよう

きついところは慣れるまで我慢しよう

ラーメン屋でバイトをする時に、きついと感じる部分を紹介します。まずラーメン屋は「体力勝負」です。重い寸胴やスープの入った丼を素早く安定感を保ちながら運ぶためには、基礎体力に加え「腕力」が必要です。またスープの臭いが鼻につくという悩みが生まれるかもしれません。土日がかき入れ時の店では、土日に休めないことがあるかもしれません。また営業時間外の仕込みの時間もバイトをする必要が出るかもしれません。最初は大変でも慣れれば大丈夫なことがほとんどですので、何とか乗り越えましょう。

きついところは慣れるまで我慢しよう

こちらの記事もおすすめです

居抜き物件でコストを抑えよう

ラーメン屋開業のための初期費用のうち、ラーメン屋の内装や外装のリフォーム費用など「設備費用」が大きな割合を占めます。しかし開店後間もなくは、お客さんの来店数が安定しないことが考えられるため、できるだけ運転資金に余裕を持たせたいものです。そこで「居抜き物件」で開業する方法をおすすめします。内装や外装をそのまま利用すれば、リフォーム代金をかなり節約することができるでしょう。今回は居抜き物件のメリットと探し方について紹介していきます。

日本政策金融公庫で資金を調達しよう

ラーメン屋を開業するための資金を調達する方法を知っておきましょう。ラーメン屋は他の飲食店を開業するよりも安く済むとはいえ、数百万円の初期費用が必要になります。基本的には自己資金が半分、残り半分を金融機関から融資してもらうと良いでしょう。「日本政策金融公庫」は国の融資機関です。民間の金融機関より融資が通りやすく、返済期限が長めで金利も安く済みますのでおすすめです。今回は日本政策金融公庫で融資を受けるために必要な手続きなどについての情報を紹介します。