夢で終わらせない!

トピックスランキング

いま飲食業界で最もアツい!

Pocket

ラーメン業界は「アツい!」

長引く不景気から飲食店全体の売り上げは下降気味の中、ラーメン業界は売り上げを年々増加させています。海外から「リアルヌードル」と呼ばれるなど絶対の支持を集める日本のラーメンは、寿司やカレーライスに並ぶ国民食として、徐々に料理としての立場が向上しています。世界に誇れるラーメン屋を開業することができれば、日本だけでなく世界各国での開業も夢ではありません。ラーメン屋は全国に3万5千店舗あると言われていて、毎年新規参入する店は3000店ほどあります。新規参入がしやすい反面、生き残りの競争もシビアと言えるでしょう。この競争の厳しさが世界に誇るラーメンの質を保っている理由の一つでしょう。
なぜラーメン屋は新規参入をしやすいのか、それは開店のための初期費用が安く済むという理由があります。通常の飲食店は最低500万円から1000万円近く初期費用が掛かると言われていますが、ラーメン屋は工夫次第で100万円から300万円程度の初期費用で開業可能です。資金が豊富でなくても世界に誇れる店を持てる可能性がある、夢のある仕事がラーメン屋のオーナーということになります。

ラーメン業界を勝ち抜こう

ラーメン業界は、個人経営の店が多いという特徴があります。例えばハンバーガーショップを想像していただければ分かる通り、9割以上がチェーン店で占められています。一方ラーメン店で占めるチェーン店の割合は3割に過ぎず、7割以上が個人経営の店で占められています。個人経営でも成功しやすい特異な業界がラーメン業界と言えるでしょう。
このように新規参入しやすいラーメン業界で生き抜くためには、現在のラーメン業界の流れに乗ることが大切です。「女性客の獲得」が重要ポイントとなるのです。最新飲食店の出店に敏感で、SNSなどの口コミの拡散が期待できる女性客は、ラーメン屋とはいえ無視できない存在です。女性客の胃袋を掴めば、男性客の来店も見込めると言っても過言ではないでしょう。女性客に認められるためには、ヘルシーでローカロリー、そして安心して食べられる食材や調味料を使っていることが重要です。安くて量が多ければ良いという時代ではなくなっているのがラーメン業界の現実です。逆に言えば安心できる食材で体に良い美味しいラーメンを作ればラーメン一杯の単価を上げることができ、客単価も上げることができるのです。

ラーメン業界に進出しよう

ラーメンは世界に誇る日本独自の文化になりました。ラーメン屋で名店と呼ばれる店のステータスは高く、ミシュランで星を取る店まで現れています。初期費用が少なく済み、個人の新規参入がしやすい上、成功すればお金と名誉も手にすることが可能です。今後も海外からのインバウンド客が増えることも見込めますし、海外進出も視野に入れることができます。さらに発展が見込めるラーメン業界に進出し、世界的な成功者へと成り上がりましょう。
このサイトでは、ラーメン屋を開業することに興味がある人に向けて、役立つ情報を提供していきます。「暖簾分け」という選択肢や、開業のために必要な資格、バイトの効能などについても紹介します。このサイトをきっかけに一人でも多くの人がラーメン業界の風雲児として活躍してくださることを祈っています。
サイトへのお問い合わせはこちらまでどうぞ

こちらの記事もおすすめです

居抜き物件でコストを抑えよう

ラーメン屋開業のための初期費用のうち、ラーメン屋の内装や外装のリフォーム費用など「設備費用」が大きな割合を占めます。しかし開店後間もなくは、お客さんの来店数が安定しないことが考えられるため、できるだけ運転資金に余裕を持たせたいものです。そこで「居抜き物件」で開業する方法をおすすめします。内装や外装をそのまま利用すれば、リフォーム代金をかなり節約することができるでしょう。今回は居抜き物件のメリットと探し方について紹介していきます。

日本政策金融公庫で資金を調達しよう

ラーメン屋を開業するための資金を調達する方法を知っておきましょう。ラーメン屋は他の飲食店を開業するよりも安く済むとはいえ、数百万円の初期費用が必要になります。基本的には自己資金が半分、残り半分を金融機関から融資してもらうと良いでしょう。「日本政策金融公庫」は国の融資機関です。民間の金融機関より融資が通りやすく、返済期限が長めで金利も安く済みますのでおすすめです。今回は日本政策金融公庫で融資を受けるために必要な手続きなどについての情報を紹介します。