夢で終わらせない!

トピックスランキング

ラーメン屋開業を夢見て

ラーメン屋開業を夢見て

飲食業界の中でも常に勢いがあるのが「ラーメン屋」です。ラーメン愛が高じて自らラーメン屋を開業して成功している店舗も多数あります。小さな店舗で内装費等も抑えて開業できることなどから、当たればおいしいラーメン屋経営。当サイトはラーメンドリームにチャレンジしたい人に向けて、ラーメン屋開業にまつわる情報を紹介します。ここぞと思うラーメン屋の求人を見つけて修行するのも大切なステップです。

いま飲食業界で最もアツい!

飲食店が全体的に不振の中、ラーメン業界は売り上げを年々伸ばしています。ラーメン屋は個人経営の店が7割を超え、初期費用が安く済むため新規参入が盛んです。競争を勝ち抜けば、世界的な名店としてお金と名誉を手にすることができるでしょう。「ラーメン屋開業を夢見て」では、ラーメン業界に進出することを目指す人に役立つ情報を提供していきます。一人でも多くの方々がこのサイトの情報を役立て、世界に誇るラーメン店の店主になってくれたら幸いです。

詳しくはこちら

開業までに準備しておくこと

ラーメン屋の開業には、事前の準備が必要です。まず独立開業をする時に「暖簾分け」という選択肢があることを知っておくと、バイト選びの時に役立ちます。またラーメン屋を開業するために必要な資格についても知っておきましょう。そしてラーメン屋を開業するためには初期費用が掛かります。資金を自分で全て用意するのではなく、国の金融機関を利用する方法を知っておくことも大切です。今回はラーメン屋の開業をするための準備にまつわる様々なお役立ち情報を紹介します。

詳しくはこちら

バイトで経験を積む

ラーメン屋を開業する時は、一定期間のバイト経験が不可欠です。バイトを通じてラーメンの作り方や店の運営の仕方、仕入れルートなど、貴重な情報を得ることができるでしょう。またラーメン屋のバイトを始めると、ラーメン作りで思ってもみないきつい場面に会うことも考えられますので、バイト時代に乗り越えておくと良いでしょう。そしてラーメン屋のバイト先は、将来の開業を考えると非常に重要です。バイトの求人探しは積極的に行いましょう。

詳しくはこちら

開業へ向けての最後の詰め

ラーメン屋を開業する時は、夢ばかり追うと成功が遠のきます。資金をできるだけ運転資金に回せるようにし、初期投資を減らすことをおすすめします。まず「居抜き物件」で開業すると設備投資費用を大幅に減らすことができます。またラーメン屋をどこで出店するかという「立地の大切さ」も知っておきましょう。さらに「ラーメン一杯でどれだけ利益が出るのか」についてリアルに理解しておくことも大切です。今回紹介するコスト関連の情報を知ることで、よりラーメン屋の開業をイメージしやすくなるでしょう。

詳しくはこちら

こちらの記事もおすすめです

居抜き物件でコストを抑えよう

ラーメン屋開業のための初期費用のうち、ラーメン屋の内装や外装のリフォーム費用など「設備費用」が大きな割合を占めます。しかし開店後間もなくは、お客さんの来店数が安定しないことが考えられるため、できるだけ運転資金に余裕を持たせたいものです。そこで「居抜き物件」で開業する方法をおすすめします。内装や外装をそのまま利用すれば、リフォーム代金をかなり節約することができるでしょう。今回は居抜き物件のメリットと探し方について紹介していきます。

日本政策金融公庫で資金を調達しよう

ラーメン屋を開業するための資金を調達する方法を知っておきましょう。ラーメン屋は他の飲食店を開業するよりも安く済むとはいえ、数百万円の初期費用が必要になります。基本的には自己資金が半分、残り半分を金融機関から融資してもらうと良いでしょう。「日本政策金融公庫」は国の融資機関です。民間の金融機関より融資が通りやすく、返済期限が長めで金利も安く済みますのでおすすめです。今回は日本政策金融公庫で融資を受けるために必要な手続きなどについての情報を紹介します。